琉球古典音楽と沖縄民謡の違い

Pocket


↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

「僕がなぜ三線教室を始めたのか?」の過去記事はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
僕がなぜ三線教室を始めたのか? まとめ

 

ハイサイ!!
全く楽器に触れたことのないあなたが、たった3時間で三線を弾けるようになる「ミラクルレッスン」の三線講師、大城聖です。

 
三線を習い始めている人には常識でも、まだ始めていない人には非常識なことがたくさんありますよね。
そんな内容をできるだけわかりやすく解説していけたらいいな♪

 

【琉球古典音楽と沖縄民謡の違いって何?】


あ、その単語は聞いたことある。
でも、「じゃあこの曲はどちら?」と聞かれると、どちらに属するのかわからない。
そういう方、結構いらっしゃいますよね。

実は、三線を習い始める方の9割が、この違いを知らずに入門されます。
今回はその違いについてです。

 

①琉球古典音楽


話は、沖縄がまだ「琉球」という一つの国だった頃まで遡ります。
琉球は中国や日本と国同士のお付き合いをしていました。
各国からお偉いさんなどが派遣されると、接待しなくてはなりません。
その宴などで披露されていた宮廷音楽。
これらの曲が琉球古典音楽となります。

かぎやで風節、恩納節、こてい節、作田節などなど。
「あーうー」と表現される方もいるくらい、一つの音をやたらと伸ばして歌います(笑)

 

②沖縄民謡


さて、音楽というものは、別に国王や役人だけのものではありません。
時を同じくして、一般庶民が歌っていた曲もあります。
早弾きの曲、教訓歌、童歌など、いつの時代にもたくさんの歌が作られました。
この一般庶民側で発生した曲が沖縄民謡になります。

エイサーで使われる海ヤカラ、テンヨー節、唐舟ドーイを始め、てぃんさぐぬ花などの教訓歌、赤田首里殿内、ちんぬくじゅうしーなどの童歌があります。

 

【まとめ】

琉球古典音楽:
琉球王国時代の宮廷音楽。
ゆっくり演奏され、「あーうーあーうー」と一つの音を伸ばす。
感情がわかりづらい。

沖縄民謡:
庶民側の音楽。
語るように歌い、早弾きもある。
感情をもろに出して歌うのでわかりやすい。

 

BEGINなど、最近のアーティストの作品は民謡じゃなくて、「沖縄ポップス」などと呼ばれることが多いですね。

 


にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

大城聖三線&横笛教室
携帯:090-9150-3170
mail:info@amakumasanshinlife.com