僕がなぜ三線教室を始めたのか? その3

Pocket


↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

「僕がなぜ三線教室を始めたのか?」の過去記事はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
僕がなぜ三線教室を始めたのか? まとめ

 

ハイサイ!!
全く楽器に触れたことのないあなたが、たった3時間で三線を弾けるようになる「ミラクルレッスン」の三線講師、大城聖です。

 
僕がなぜ三線を始めたのか?って内容の続きです。

 

【どこで三線を習えるのだろうか?】

パニック

さて、超不純な動機で始めることを決意した三線なのですが、いかんせん、ドがつくほどの初心者。
「どこで、誰に習えば良いのか?」って問題にぶちあたります。

「彼と一緒に八重芸に入れば良いんじゃね?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、僕がやりたいのは三線のみ。
実は、八重芸では強制的に舞踊もさせられるのです。
地元に伝わる民俗芸能を研究する場なので仕方ないんですけどね。

ってことで、わがままな僕は八重芸以外の道を模索し始めます。

 

すると、八重芸の彼から、まさかの一言が。

琉球芸能研究クラブ(通称:琉芸)って名前のサークルが、つい最近できたらしいよ。

なんちゅうタイムリーな(笑)
まさに、「僕の為に用意してくれたのではないか?」という神的なタイミング。

 

彼の話によると、八重芸内に琉芸と掛け持ちしている人がいるとこと。
早速、その方を紹介してもらい、すぐに見学へ行くことに。
なんと、そこのサークルには素敵な女性がいっぱいいらっしゃる!!

 

…天国。
天国ですよお母さんヾ(*T∀T)/

 

即、入部しました(笑)

 

【琉球大学琉球芸能研究クラブとは?】

%e7%90%89%e7%90%83%e8%88%9e%e8%b8%8a

ちょうど発足してまだ一年未満のサークル。
発足当初は琉球舞踊だけだったが、半年ほど前から三線のメンバーも増えてきたのだとか。
なので、三線の先輩方も習いたての人達ばかり。

そのうち、学科の授業そっちのけで部室に通い、練習するようになります。
学科の研究室にはメール確認と、ゼミの資料作りするくらい(笑)

お陰様で、三線の腕はメキメキと上達!!\(^o^)/
いつの間にか琉芸の三線パートの主要メンバーとなりました。

 

やっぱり、あれですよ。
ここで僕が言っておきたいのは、「周りの影響で何となく始めること」より、「自分の興味から実際に行動し始めたこと」の方が長続きするってことです。

 

以上が僕の「三線を始めたきっかけ」です。
お陰様で、三線歴19年経ちました。
まだまだ飽きもせずに続けていきますよ~^^

ちなみに、三線の主要メンバーになって、女性部員からチヤホヤされたことが継続できた最も大きな理由だったのは秘密です(*≧艸≦)

 

…続く。

僕がなぜ三線教室を始めたのか? その4

 


にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

大城聖三線&横笛教室
携帯:090-9150-3170
mail:info@amakumasanshinlife.com