沖縄独特の定型詩があるって知ってました?

Pocket


↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

「僕がなぜ三線教室を始めたのか?」の過去記事はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
僕がなぜ三線教室を始めたのか? まとめ

 

ハイサイ!!
全く楽器に触れたことのないあなたが、たった3時間で三線を弾けるようになる「ミラクルレッスン」の三線講師、大城聖です。

 

三線を習い始めている人には常識でも、まだ始めていない人には非常識なことがたくさんありますよね。
そんな内容をできるだけわかりやすく解説していけたらいいな♪

 

【琉歌(りゅうか)って何?】


日本には、昔から文学の世界で、文字数を決めた定型詩の文化がありますよね。
「五・七・五」の俳句や、「五・七・五・七・七」の短歌がそれにあたります。

実は、沖縄にもそのような定型詩があるんです。
「八・八・八・六」の形式で、「琉歌(りゅうか)」と言います。

琉球古典音楽や沖縄民謡の大半の曲は、この形式の歌詞で歌われます。
例えば「かぎやで風節」。

き ゆ ぬ ふ く ら しゃ や   な をぅ に じゃ な た てぃ る

つぃ ぶ でぃ をぅ る は な ぬ   つぃ ゆ ちゃ た ぐ とぅ

「今日の誇らしさは、何に譬えられようか。
蕾んでいる花が、朝露を受けてまさに開こうとしている。」

 

これがどういう意味を持つかわかりますか?
歌詞を増やそうと思ったら、別の歌の歌詞を持ってきて歌うことが可能ってことです。
例えば、「てぃんさぐぬ花」の歌詞を「かぎやで風節」のメロディーで歌うことが可能ってことです。

お祝い事の最後に、必ずと言って良いほど踊られるカチャーシー。
盛り上がっていると、なかなか歌を止めるタイミングが訪れません(笑)
三線地謡を担当する方々は、そういった時に自分の知っている色んな歌詞をあっちこっちから持ってきて歌い続けたりするんですね(*´∀`)♪

 

【まとめ】

琉歌(りゅうか)とは、琉球時代からある、沖縄の「八・八・八・六」の定型詩。
古典音楽や民謡の歌詞でよく使われている形式の一つ。

 

たった30文字だけで表現される琉球の文学の世界。
残念ながら、現在では小中学校では教えてもらえないものとなってしまいました。

 


にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

大城聖三線&横笛教室
携帯:090-9150-3170
mail:info@amakumasanshinlife.com