一曲集中講座「涙そうそう」 受講者の声vol.06

Pocket


↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

「僕がなぜ三線教室を始めたのか?」の過去記事はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
僕がなぜ三線教室を始めたのか? まとめ

 

ハイサイ!!
全く楽器に触れたことのないあなたが、たった3時間で三線を弾けるようになる「ミラクルレッスン」の三線講師、大城聖です。

 

【受講者の声】

2017年9月3日(日)に、神奈川県で「その一曲だけが習いたい」を実現する一曲集中講座を開催致しました。
今回の会場も横浜市緑区にある「居酒屋ふる里」さん。
焼き鳥が人気の居酒屋さんです^^
酔うと面白いキャラになるマスターが一人で切り盛りされてます。

 

さて、今回の課題曲はBEGINさんの「涙そうそう」。
森山良子さんが、若くして亡くなったお兄さんのことを想って作詞された作品なのだとか。
今では夏川りみさんを始め、多くのアーティストがカバーされてる名曲ですよね。
また、この曲をモチーフにして映画化された「涙そうそう」も大ヒットしました。

一曲集中講座では、毎回、受講された方々にアンケートを実施しております。
その中から、ブログでの紹介を許可いただいた皆様の感想などをお伝えします。

現在、三線教室に通われているザベ姐さんです。
ミラクル三線ライブの常連さんでもあります(笑)

 

◆今回の課題曲に対する思い入れなどがあれば、教えてください
昔から知っている曲なので、サラサラ弾きたい。
◆他にも三線教室やカルチャースクールがある中で、何が決め手となって当講座を受講しましたか?
facebookでお教室の様子がアップされ、楽しそうだったので。
◆当講座を受講してみて、いかがですか?
聞き慣れた「涙そうそう」とはちょっと違った感じがしましたが、習っていくうちに愛着が湧き、好きになりました。

 

現在通われている三線教室の工工四と僕の作成した工工四が異なっていたため、最初は戸惑っていた様子のザベ姐さん。
あちらの教室も先生かもしくは別の方が採譜された工工四を採用しているのだと思います。
全く音源と同じ手にすると、一気に難易度が上がるため、僕の工工四は所々省略していたりします。
逆に教室で使われている工工四がどのような手を使っているのか、気になりますね(笑)

 

【「その一曲だけが習いたい」を実現する一曲集中講座】

当講座では、3時間を掛けて1曲のみをお稽古します。
受講生には特典として、
①僕が耳コピーして作成した工工四(くんくんしー。三線の楽譜)
②自宅でお稽古用のゆっくり演奏した音源CD
をプレゼントしております。

今回の講座には、3名の受講生がいらっしゃいました^^

 

【「涙そうそう」を演奏する際のポイント】

これまで、一曲集中講座で扱ってきた課題曲は、すべて「本調子」と呼ばれるチンダミ(調弦のこと)で演奏できるよう、工工四を起こしてきました。
しかし、今回の「涙そうそう」だけはどうしても「一、二揚げ」と呼ばれるチンダミに合せないと運指が難しくなります。
チンダミさえできてしまえば、運指そのものは特に難しくありません。
「童神~天の子守唄~」や「海の声」と同じくらいのレベルだと思います。
とはいえ、独学でお稽古されている方で、チンダミが苦手な方にはちょっとレベルが高い曲になっちゃいますね(笑)
ということで、今回の課題曲の難易度は「★★★☆☆」としてありました。

当講座の最後に、受講者と一緒に演奏した動画はコチラです。

 

さあ、あなたも一曲集中講座で何か一曲弾けるようになってみませんか?
「一曲集中講座」開催スケジュール等の詳細はコチラ!!

 


にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ポチってもらえると嬉しいな^^

 

大城聖三線&横笛教室
携帯:090-9150-3170
mail:info@amakumasanshinlife.com